稲とアガベ×土田酒造 SAKEシリーズ 02

¥3,300 (税込)

『常温』で育てるお酒!芳醇で濃密な味わいに酔いしれる

岡住氏率いる、稲とアガベ社土田酒造に委託して製造された日本酒です。

秋田県で自然栽培されているササニシキを、酵母無添加で生酛造りで醸した一本。

熟した果実を思わせるような甘い香りやかすかに栗のような穀物の香り、青畳のような香りを感じます。

注ぐとほんのり淡い黄色。
滑らかな口当たりで熟した黄桃を思わせるような、濃醇な甘旨味と豊富な酸味が広がります。濃蜜で芳醇な味わいがたまりません。味わいの余韻は長く、心地よい苦渋味と共にフィニッシュを迎えます。

常温ですとボディしっかりの飲みごたえが楽しめ、ぬる燗~上燗の温度帯ですとまるで熟したりんごのような味わいが広がり、ゆるりと楽しめるのでお燗も是非お試しいただきたいです!

開栓後表情の変化がある商品ですので、ちびちびゆるゆるとお飲みいただくものおすすめです。

仕様

特定名称 純米
アルコール度数 16%
日本酒度 -
酸度 -
アミノ酸度 -
使用米・精米歩合 秋田県産 ササニシキ100% (精米歩合90%)
酵母 -
酒母 生酛

稲とアガベ

2021年、秋田県男鹿市に新しい酒蔵が誕生しました。蔵の名前「稲とアガベ」は、日本酒とテキーラ、それぞれに魅せられた夫婦2人で立ち上げたプロジェクトだったことに由来します。

日本酒は製造免許の国内向け新規発行が禁止されているため、「その他の醸造酒」としてどぶろくや副原料を使ったクラフトSAKE、そして国内では販売できない「輸出専用」の日本酒醸造をスタート。さらに、自然栽培の米づくりそして男鹿を観光地として活性化するためのさまざまな取組みも行っています。
70年以上ぶりの新規免許の解禁を正面から突破しようとする稲とアガベ。その事業とお酒は日本酒の未来を見せてくれるようで、ワクワクさせてくれます。

 

稲とアガベ (秋田県)のお酒一覧はこちら

【土田】土田酒造(群馬県)のお酒一覧はこちら