金鼓 水酛仕込み 濁酒 生

¥3,060 (税込)

食べる日本酒!大倉本家の粒感満載の濁酒

大倉本家ファンの皆様お待たせいたしました。今年もついに濁酒がやってきました!

外観は白濁しており、濁酒ならではの粒感のある酒粕が溶け込んでいます。

強い乳酸香に、青草を思わせるような爽やかな香り。

口に含むと圧倒的な米粒感!食べながら吞んでいるような感覚です。優しい甘旨味を感じるとすぐに豊かな酸味がやってきて、余韻長くフィニッシュしていきます。

冷酒から燗まで幅広い温度帯でお楽しみいただけます(ただし保存は要冷蔵)

仕様

特定名称 -
アルコール度数 12度
日本酒度 -41
酸度 3.5
アミノ酸度 -
使用米・精米歩合 国産米 精米歩合70%
酵母 蔵付き酵母
酒母 水酛

 

大倉本家について

奈良県香芝市にある大倉本家は1896(明治29)年の創業以来、大部分の酒を山廃で造り続けています。最盛期は6,000石と地域を代表する製造規模だったものの、2000年秋からは休造が続いていました。しかし4代目の現蔵元・大倉隆彦さんが2003年に造りを再開。従来の銘柄「金鼓」に加え、限定流通銘柄「大倉」を立ち上げました。「サンライズのような、明るい酸のあるお酒」を目指し個性溢れる酒を発信しています。

【大倉】大倉本家(奈良県)のお酒一覧はこちら