鳴海 特別純米 ふさこがね 生原酒

¥1,430 (税込)

これまでの鳴海にはない、ボリューム感たっぷり。秋の生原酒!

バナナケーキのような香りのなかに、わずかにオイリーな香りを感じます。

生原酒の状態で熟成が進み、しっかりと旨味を感じます。あわせて、今期の鳴海らしい酸味。
どっしりした味わいはキレよく流れていき、香ばしさのある含み香が穏やかに余韻として残ります。

これまでの鳴海にはないボリューム感。それは、菊池杜氏による酸の表現により成立しているバランスです。
ちょうど同時期にリリースされた「ひやおろし」は、秋酒らしい旨味を感じつつも軽快に飲み進められますが、こちらは「秋の生原酒」として、よく対比がとれています。
火入れと生、2つの秋酒を飲み比べてみるのも楽しいですね。

洋食から中華まで、幅広い食事に合わせて。冷酒でも燗酒でも美味しく飲める味わいです。

仕様

特定名称 特別純米
アルコール度数 16度
日本酒度 -
酸度 -
アミノ酸度 -
使用米・精米歩合 ふさこがね 精米歩合60%
酵母 -
酒母 速醸

 

東灘醸造(鳴海)について

関東有数の漁港として有名な、千葉県勝浦市の地酒として愛されてきた東灘醸造。2006年に限定流通銘柄としてリリースしたのが「直詰め」によるフレッシュさが人気を得ている「鳴海(なるか)」です。2020年夏には、杜氏の退職により一度は休造を決意した6代目の君塚敦社長。しかし当店も絡んだご縁で、実力派の菊池譲杜氏が酒造りを担うことが土壇場で決まりました。新杜氏が醸す「鳴海」はこれまで以上にフレッシュ感のある酒質で評価を高めています。