土田 初しぼり

¥2,010 (税込)

心地よいピチピチ弾ける酸味がたまらない

「土田」は独特で強烈な味わいのものも少なくないですが、こちらの新酒初しぼりは酸味が心地よくグイグイいくらでも飲めてしまいそう。

ヨーグルトのような乳製品を思わせる香りに、燻った穀物のような香りが微かに入り混じります。とてもスッキリとした飲み口で、癖になる甘酸のバランス。

冷酒から45˚Cあたりの燗まで幅広い温度帯で楽しめます。お燗にすると甘味、旨味、酸味がより一層まろやかで口の中に広がります。

お酒単体でも杯が進んでしまう酒質ですが、癖が少なめのチーズ、やや味付け濃いめの肉料理など幅広い食事に合わせることができます。

仕様

特定名称 -
アルコール度数 14%(原酒)
日本酒度 -
酸度 -
アミノ酸度 -
使用米・精米歩合 群馬県産 飯米(精米歩合:90%)
酵母 協会701号
酒母 生酛

土田酒造について

群馬県川場村に位置する土田酒造の最大の特徴は、蔵に生息する微生物の力を最大限活かした造り。天然の乳酸菌を生かした「生酛」や「菩提酛」、そして蔵に生息する酵母によるアルコール発酵を行う酵母無添加を実践。そのユニークな酒造りは独特の酒質を生み出し、多くの日本酒ファンの支持を得ています。蔵元の土田祐士さん、杜氏の星野元希さんのコンビは優れたアイデアマンとしても知られ、ユニークで美味しく楽しい日本酒をリリースし続けています。