土田 生酛仕込 2019年醸造

¥1,790 (税込)

「土田」の定番酒!旨味・酸味のバランスの良さが秀逸

個人的に「土田」の定番酒がこちらの一本。

穀物や土っぽい香りとカラメルを思わせるやや甘く複雑な香り。
とても滑らかでしっかりとした甘味とほのかな旨味を第一印象に、後半から複雑な酸味と心地よい苦味がやってきて余韻やや長くフィニッシュ。

土田らしい、穀物を思わせるフレーバーに旨味と酸味が絶妙で、飲み飽きすることなく飲み続けられる一本。

冷酒でキリっと酸味を楽しむのもいいですし、熱燗(45度あたりが個人的にベスト)で甘味・旨味を膨らませるもよしで幅広い温度帯で楽しめます。

ローストビーフなどの旨味が効いた料理や、エスニック料理など少々癖がある食事と合わせるとGood.

仕様

特定名称 -
アルコール度数 15%(原酒)
日本酒度 -
酸度 -
アミノ酸度 -
使用米・精米歩合 群馬県産 飯米(精米歩合:60%)
酵母 -
酒母 生酛

土田酒造について

群馬県川場村に位置する土田酒造の最大の特徴は、蔵に生息する微生物の力を最大限活かした造り。天然の乳酸菌を生かした「生酛」や「菩提酛」、そして蔵に生息する酵母によるアルコール発酵を行う酵母無添加を実践。そのユニークな酒造りは独特の酒質を生み出し、多くの日本酒ファンの支持を得ています。蔵元の土田祐士さん、杜氏の星野元希さんのコンビは優れたアイデアマンとしても知られ、ユニークで美味しく楽しい日本酒をリリースし続けています。