真上 特別純米酒

¥1,770 (税込)

貝料理と合わせたい、真上のレギュラー特別純米

真上の特別純米、これまで販売していた直汲み生原酒に加えて、レギュラーバージョンの加水火入れが入荷しました。

あんずのようなフルーティな香りの奥に、穀物系の香りも少し感じられます。
なにより個性的なのが、貝殻のような、海を思わせる香りです。

口当たりは軽やかでほどよく甘味を感じ、ジューシーな酸味、そしてこの銘柄に特徴的な苦味が彩りを加えます。
日本酒度は-5と「甘口」に分類されるお酒ですが、酸味と苦味の効果でキレよくスッキリと飲めるお酒です。

食事にも幅広く合わせやすいですが、やはり海鮮系。特に和風なら焼きハマグリや、洋風ならムール貝のオリーブオイル炒めなど貝料理と合わせたい味わいです。
特集記事で紹介させていただいたとおり、カニとも相性が良いですね!

温度帯は冷酒から常温、燗酒と幅広く対応でき、レギュラーの特別純米として使いやすい一本です。

■仕様

特定名称 特別純米
アルコール度数 15度以上16度未満
日本酒度 -5
酸度 1.9
アミノ酸度 0.9
使用米・精米歩合 山田錦 精米歩合60%
酵母 KArg901(尿素非生産性酵母)
酒母 速醸

■村井醸造(真上)について


茨城県桜川市真壁地区。戦国時代から城下町として栄え、今でも江戸時代当時の街並みを色濃く残します。近江商人であった村井家がこの地を拠点としたのは、1670〜80年頃のこと。その後、ここで手に入る良質な米と水を活かして酒造りを始めました。


2020酒造年度から限定流通銘柄として立ち上がった「真上(しんじょう)」は、30代の若手蔵人・臼井卓二さんが酒質設計から製造、営業までを手掛ける「これからの酒」。「真壁を盛り上げる」という願いも込められています。「安心して飲んでもらえる酒を」という誠実な想いで醸され、成長し続けるこの銘柄を、一緒に応援していただけると嬉しいです。