平井六右衛門 吟印

¥1,210 (税込)

「アル添」の良さが分かる。若手が醸す吟醸酒。

やや華やかな香り。普段はあまり使わない例えですが、キウイらしさを感じる……と思って蔵元コメントを確認したところ、そちらにも「キウイフルーツ」とありました。
綺麗な吟醸香のなかにも個性が表現されています。

やわらかく、やや香ばしさを感じる甘味には、この銘柄らしい果実感もよく表現されています。
その芳醇な味わいからスッとドライにキレていくバランス、そして透明感は「アル添」の良さを改めて教えてくれます。
熟成も良さそうなバランスですね。

華やかさを感じるお酒ですが、お刺身から肉料理まで、食事にも幅広く合わせやすいです。味付けは濃すぎないお料理が良いでしょう。
温度は冷酒がオススメです。

仕様

特定名称 吟醸
アルコール度数 14度
日本酒度 +3
酸度 1.5
アミノ酸度 -
酒米 国産米 (精米歩合60%)
酵母 -
酒母 速醸

 

菊の司酒造「菊の司」について

岩手県盛岡市、盛岡駅から車で10分もかからない位置にある菊の司酒造。創業1772年と岩手県内最古の歴史を持ち、15代続く名門酒蔵です。16代目予定の平井佑樹さんと弟の大貴(ひろたか)さん、共に20代の兄弟を中心に、若いチームで高品質な酒を造ります。

「平井六右衛門」は、2014年に立ち上がった、初代から襲名する蔵元名を冠した新シリーズ。16代目予定の平井佑樹さんが設計を手掛け、「米と酵母が織りなすジューシーな味わい」にこだわって醸されています。