大那 特別純米 生酛造り

¥1,700 (税込)

ほっと癒されるまろやかな味わい

白桃を思わせるような果実香やお米を炊いたようなふくよかな香り、乳酸系の酸い香りを感じます。

なめらかな口当たりでまろやかな旨味が広がります。やわらかな甘旨味を心地よい酸味が包み込み、ふくよかながらも優しい味わいにほっと癒されます。最後はそっと渋さが顔を出し、すっとしたキレ心地でフィニッシュ。

飲み飽きせずゆるゆると飲めてしまう一本です。

冷酒でキリリと、常温~お燗でゆるゆると。お米のふくよかさを是非お燗で楽しみいただきたいです。

出汁を使った和風料理に特に相性が良いです。

仕様

特定名称 特別純米
アルコール度数 16度
日本酒度 +4
酸度 2.0
アミノ酸度 -
使用米・精米歩合 美山錦 精米歩合55%
酵母 -
酒母 生酛

 

菊の里酒造(大那)について

栃木県大田原市の銘酒「大那(だいな)」には、大いなる那須の大地のようなスケールの大きい蔵にしたいとの思いが込められています。

現蔵元の阿久津 信さんが蔵を引き継いだ当時、菊の里酒造は財務的にも非常に厳しい状況。2004年に「大那」ブランドを立ち上げ、限られたリソースと向き合いながら、設備や技術の向上に投資をしていき、酒質の改善に努めてきました。その甲斐もあり、鑑評会での受賞や大手メディアに取り上げられたことなどをきっかけにして、急速に人気を伸ばしています。

【大那】菊の里酒造(栃木県)のお酒一覧はこちら