大那 純米吟醸 那須五百万石

¥1,600 (税込)

「大那」の代表商品。キレよく綺麗なバランスタイプ!

大那ブランドとして多くの種類が出されていますが、個人的に大那ブランドで一番先に思いつくのはこちらの「大那 純米吟醸 那須五百万石」です。

ほのかな果実香にスッキリ飲みやすく幅広い食事に合わせやすい酒質が、日本酒を飲みなれていない方から愛好家まで受け入れられる所以かと思います。

微かにりんごを思わせるような立ち香。ほのかな甘味に寄り添う酸味が清涼感ある果実味を想起させ、スルスル呑めてしまうため「呑みすぎ注意」な日本酒です。

清涼感をより際立たせるためにも、キンキンに冷やして楽しみたい一本。

ややフルーティなタイプの日本酒のため、生臭さを持つタイプの食事には合わせづらいところです。カルパッチョやサラダなどの前菜系の料理や、うすしお味の焼魚や、鶏肉など合わせやすいです。

 

仕様

特定名称 純米吟醸
アルコール度数 16度
日本酒度 -
酸度 -
アミノ酸度 -
使用米・精米歩合 五百万石 精米歩合55%
酵母 -
酒母 速醸

 

菊の里酒造(大那)について

栃木県大田原市の銘酒「大那(だいな)」には、大いなる那須の大地のようなスケールの大きい蔵にしたいとの思いが込められています。

現蔵元の阿久津 信さんが蔵を引き継いだ当時、菊の里酒造は財務的にも非常に厳しい状況。2004年に「大那」ブランドを立ち上げ、限られたリソースと向き合いながら、設備や技術の向上に投資をしていき、酒質の改善に努めてきました。その甲斐もあり、鑑評会での受賞や大手メディアに取り上げられたことなどをきっかけにして、急速に人気を伸ばしています。