コラム一覧

あたりめに合う日本酒はコレ!おすすめ5選

あたりめに合う日本酒はコレ!おすすめ5選

乾きものつまみの代表といえば、あたりめ(するめ)。安い日本酒と炙ったあたりめ、なんて聞くと、かの有名な演歌じゃないですが、ディープな昭和酒場の雰囲気が漂ってきますね。最近は「原価が高くなってるわりに値上げしづらい」とか、「なかなか食べきれないので他の料理が注文されない」などの理由で、シンプルにあたりめだけを出す居酒屋はかなり減っているようです。しかし、あらためて言うまでもなく、日本酒とは驚異的な相性の良さを発揮します。昭和の定番ペアリングは伊達じゃありません。

続きを読む >

おでんに合う日本酒はコレ!おすすめ4選

おでんに合う日本酒はコレ!おすすめ4選

寒い日に、おでんを食べながら熱燗を口にした瞬間「あぁ日本人で良かった」としみじみ思うのは私だけではないはず。そんなおでんに合う日本酒を教えてほしいという問い合わせは、店頭でも結構多いんです。ご存知の通り、おでんには様々な具材があり、出汁の味付けも家庭や地方によって異なります。その意味ではペアリングに悩むのもよくわかります。今回はそんな点も考慮して、ピンポイントでペアリングを追求するというよりも、ふわっと包括的におでんと合わせやすいお酒を探しました。検証に使用したのはセブンイレブンの店頭のおでん、およびファミリーマートのパック詰めの激安おでん。どちらも比較的あっさりめの味付けになっています。具材は大根、たまご、コンニャク、さつま揚げ、ちくわです。

続きを読む >

日本酒の「雑味」ってどんな味?お酒の”悪口”と真剣に向き合おう【超訳・日本酒用語④】

日本酒の「雑味」ってどんな味?お酒の”悪口”と真剣に向き合おう【超訳・日本酒用語④】

日本酒を表現する言葉のひとつに「雑味」があります。(例)「さすが大吟醸、“雑味”が一切ない!」。ではこの「雑味」って、具体的にはどんな味なのでしょうか。「雑味」があるお酒はダメなお酒なのでしょうか?「わかりにくい日本酒用語」を、SAKE Streetのぽん店長が解説するシリーズ。今回は日本酒界きっての悪口「雑味」と真剣に向き合います。

続きを読む >

サケスト酒が飲める店:第5回「粋酔処 楽縁」(東大前)

サケスト酒が飲める店:第5回「粋酔処 楽縁」(東大前)

2021年5月、緊急事態宣言のまっただ中にオープンした、知る人ぞ知る粋な酒場があります。東京メトロ南北線・東大前駅を地上へ出てわずか1分。ガラス張りのビルの階段を地下へ降りるとたどり着く、「粋酔処 楽縁(いきなよいどころ・らくえん)」です。

店主の笛木亮さんは、なんと元日本フェザー級7位のプロボクサー。2011年の引退時に「将来は自分のお店を出したい」とコメントしていたとおり、修行の末に満を持して開店したのがこちらのお店なのです。

続きを読む >

辛子明太子に合う日本酒はコレ!おすすめ4選

辛子明太子に合う日本酒はコレ!おすすめ4選
ピリッとした辛さとタラコのうま味がたまらない辛子明太子。福岡県・博多の特産品としても有名ですが、いまや全国どこでも手軽に手に入る身近な食材として人気ですよね。 そもそも魚卵なので日本酒との相性は抜群。定番食材を扱うときにはしょっちゅう書いてますが、だいたいどんな日本酒とも合ってしまうので、逆に記事に仕上げるのがしんどいんです(笑) そんな自分に鞭を打ち、辛子明太子に合わせるべき日本酒を徹底的に考察してみました!
続きを読む >
« 前 1 11 12 13 14 15 24 次 »