焼き餃子に合う日本酒はコレ!おすすめ4選

焼き餃子

今回より新シリーズの「中華料理」がスタートです!町中華のような親しみがあって気軽に食べられるメニューを取り上げて行きますのでお楽しみに。

さて、シリーズ第一弾のテーマは圧倒的人気を誇る焼き餃子です。「いやいや、餃子にはやっぱりビールでしょ!」ですって?わかる、わかります。餃子にビール。最高以外の何物でもない

だがしかし!日本酒だってちゃんと合わせることができるんです。ビールのように油っぽさをすっきり流すのとはまた違う、餃子の旨味が増幅する新たな味わいを発見しましょう!

目次

焼き餃子にはどんなお酒が合うのか?

ポイント①うま味を同調させよう

餃子の味の決め手は言うまでもなく餡。メイン食材である豚肉のうま味と脂を土台として、ここに日本酒のうま味を同調させるのが基本のペアリングになります。

そこで選ばれるのが、やや濃い目で、うま味が強めのお酒です。燗上がりするスタンダードな火入れ純米酒なんかは手堅いですね。

ただし、濃すぎると存在感が強すぎて餃子が負けてしまいます。とはいえ、淡麗タイプだと餃子のパンチに比べて軽すぎるので、注意が必要です。

逆に言うとこの味の濃ささえ上手に合わせられれば、案外どんなタイプでも悪くない取り合わせになります。

ポイント②フルーティ系も問題なし

フルーティなタイプの日本酒は、料理に酸味を足すことでペアリングの相性が上がります。

餃子にも酸味はありますよね?そう、タレです。酢醤油にラー油を加えたものが一般的ですが、この酢の酸味のおかげで、フルーティなタイプとも違和感なく合わせることが可能です。

ポイント③生酒が絶妙に合う

ニラ、ニンニク、ネギの存在も見逃せないポイント。最近はニンニク抜きなんて餃子もありますが、やっぱりちょっと味気ないですよね。

これらの野菜には共通の香気成分であるアリシンが含まれています。今回の検証の中でも非常に面白い発見だったのですが、このアリシンの風味は生酒の蒸れた香りととても合うんです。

選ぶなら、ぽってりとした、いかにも生酒らしい生酒がいいですね。常温で数日置いたりして熟成させると、さらに蒸れ感が増してGood!(※自己責任でお願いします)

というわけで、これらを踏まえて選んだお酒をご紹介します。

検証に使用した餃子と日本酒。
検証中の様子

焼き餃子に合う日本酒4選

大治郎 生酛純米 渡船六号

まずは最もオーソドックスに合わせられる一本。濃すぎず薄すぎず、うま味はしっかり。豚肉とうま味が同調するので、文句なしに餃子の味わいを増強してくれます。

数年熟成して、ほどよく枯れたニュアンスも焼き餃子のやや焦げた風味とマッチするので、ベーシックかつ鉄板の取り合わせといえるでしょう。

温度帯は上燗(45℃前後)くらいがおすすめ。お酒のポテンシャルが引き出されて、まろみとまとまりが生まれます。

なお、大治郎に関しては、火入れの生酛純米であれば他の酒米でも大きく方向性は変わりません。

真上 純米 直汲生原酒 Casual-Modern

年々美味しくなってきている真上、ぶわっと強く香るフルーティさと生酒の青っぽいニュアンスがアリシンと同調します。さらにタレの酸味のおかげでジューシーさとも相反せずに融合します。

フレッシュな生酒ですがお燗も面白いですよ。より甘味とうま味が強調されるので、油多めで焼いた餃子とベストマッチです。

辨天娘 純米 強力 生原酒 槽搾り 荒走り 2022年醸造

個人的に溺愛している鳥取の辨天娘。火入れ熟成のイメージが強いですが、生の新酒も本当に美味いんです。

餃子に対しては若干酒のほうが強いですが、うま味の同調性は間違いないです。アルコール度数が20度というハードパンチャーなので、淡麗で軽い酒、もしくは少量の水で割るとちょうどバランスが取れます。

こちらも生酒ながらお燗がおすすめです。

LIBROM Mint

LIBROMはいつも攻め過ぎなのでもはや驚かなくなりましたが、冷静に考えると日本酒にミントを加えて醸すとか、どうかしてると思います(褒めてる)。

こちらに関しては、正直そこまでがっちり同調はしません。ボディが軽いこともあって、ビールにも似たすっきり感で油を流す方向性になります。

しかし、何より面白いのはミントの存在。中華料理でも雲南省など一部地域ではミントをよく使うのですが、それを思い起こさせます。ミントの清涼感と青臭さが、どっしりした豚肉の味わいにアクセントを加えてくれる楽しいペアリングです。

まとめ

もっとも合わせやすいのは、そこそこ味のしっかりした火入れ純米酒のお燗になります。一方で全くタイプの異なるフルーティ・ジューシー系もタレと同調するので悪くないチョイス。いずれも味の濃さを餃子に合わせるよう意識しましょう。

そして、自分でも驚きだった生酒とアリシンの組み合わせ。中でも、オフフレーバーを感じるくらいのギリギリを攻めた生熟成酒、これがニンニクたっぷりの餃子と抜群に合うのです!

皆様も騙されたと思ってぜひ!

 

シリーズ:「中華料理」に合う日本酒はコレ!
第1回:「焼き餃子
第2回:「麻婆豆腐
第3回:「炒飯

酒井 辰右衛門

酒井 辰右衛門

J.S.A. SAKE DIPLOMA / 国際唎酒師 / 日本酒ペアリング研究家

ミュージシャンとして活動する中で、ひょんなことから日本酒に目覚め、一気に沼へ。 現在は日本酒と料理の相性を様々な角度から探るweb「日本酒ぺありんぐ総合研究所」の主宰として日々飲酒に励んでいます。食中酒としての日本酒の可能性を広げるために、およそ合いそうもないエスニックや洋食、スイーツなどとの相性を探るのがライフワークになっています。初心者向け日本酒セミナーの講師としても活動中。