ブリの刺身に合う日本酒4選

日本では馴染みの深い食材で、出世魚としても知られるブリ。ボリュームのある身は満足感も高いですよね!

照り焼き、塩焼き、煮つけ、鰤しゃぶ、鰤大根など料理のバリエーションも豊富ですが、今回は素の味わいとの相性を探るために刺身で検証していきます。

天然と養殖の違い

 

 

天然ブリは身が締まり、比較的さっぱりとした味わい。旬は冬で産卵に向けてたくさんエサを食べることでより脂が乗ってきます。

一方、養殖ブリは年間を通して美味しくいただけます。天然よりも身が柔らかく脂も多いため、悪く言えば大味な印象もありますが、その濃厚な味わいのファンも多くいます。

では、天然と養殖のどちらが美味しいのか。かつて養殖モノは脂がくどく、明らかに天然より劣る代物でした。しかし近年では養殖技術の向上によって、むしろ天然よりも美味しいと言われることも多く、養殖のほうが高値になる場合さえあります。

結論として、それぞれの良さがあるので、合わせる酒やシチュエーション、予算、タイミングなどで使い分けていけば良いと思います。

相性のいいお酒のタイプ

ブリは青魚ということもあり生臭くなりやすい魚です。このため、刺身の場合は特に適切な下処理や鮮度が求められます。場合によっては水洗いや塩で身を締めることで臭みをある程度取り除くことも可能ですが、本記事はあくまで酒との相性を語るものですので、詳しい方法は割愛します。

いずれにしても、フルーティな香り系の酒はこの生臭さが増幅するので避けたほうが無難です。

ブリの味わいに着目してみると、口当たりは柔らかく脂の旨味が強い特徴があります。ここに同調させるなら、同じく酒質が柔らかく米の風味を感じられるタイプがおすすめです。

基本的に、刺身には淡い酒のほうが同調しやすいのですが、ブリの場合は脂があるのである程度濃醇でも大丈夫。(もちろんパワフルすぎるものはNGですが)

そして最大のポイントは燗上がりするかどうか。特に米の風味を感じる酒は燗にしたほうが明らかに相性が良くなります。「炊き立ての白米にブリを乗せて食べるイメージ」で考えてもらうと、最適な酒が見つけやすくなると思います。

合う日本酒①不老泉 上撰

 

実は今回の検証、かなり苦戦したんです。どの酒も悪くないんですが「これだ!」という酒が見つからない。方向性が定まらないというか。

そんな中で道筋を示してくれたのが不老泉 上撰でした。このお酒、これまでの検証記事でも再三登場していますが、あらゆる魚介に対して最強の相性を誇るのです。それゆえワンパターンになることを恐れ、なるべく別の酒で良いペアリングを探したかったんですが、やはりこの酒のポテンシャルには抗えませんでした。

柔らかく、軽いくせに旨味が強く燗上がりする。今回のペアリングの条件に見事に合致するんですね。とりあえず魚介で迷ったらこれ買っときましょう。

合う日本酒②不老泉 速醸特別純米 原酒 参年熟成

 

続けてもうひとつ不老泉を。この銘柄の他のラインナップと比べて酸がやや控えめなのが奏功していますね。さらに熟成によって飲み口がスムーズになっているため、ブリの食感とマッチします。

冷酒~常温でも充分いいんですが、やはり燗に軍配が上がります。ぬる燗より少し熱めの50℃程度につけることで味わいの印象が若干軽くなり、刺身との親和性がアップします。

合う日本酒③不老泉 山廃純米吟醸 備前雄町 無濾過生原酒

 

はい、さらにしつこく不老泉です。濃醇で旨味の強い酒の代表格として不動の人気を誇る銘柄ですが、この酒の場合、冷酒の状態だとブリの刺身に対してはさすがに酒が強すぎて今ひとつ合わないんです。

しかし、55℃くらいの熱めの燗をつけてびっくり。酸が弱まり、麹の香りが立つことでブリとの相性がぐっと良くなります。口に入れた瞬間はまだ酒が強いんですが、後味で同調してくれるんですよ。時間差攻撃ですね。特に脂が強い養殖モノにはおすすめ。

なお、生酒なので燗には少し及び腰になるかもしれませんが、これは問題ありません。高めの温度でガンガン温めちゃってください。

合う日本酒④天美 特別純米 生原酒

 

さすがに違う方向性も提示しないと怒られそうなので、最後は今をときめく天美を。一口飲んで唸りました。モダンで繊細、上品でありながらどこか親しみやすさも感じます。

ブリと合わせると、まず微炭酸が脂をすっと流してくれます。その後、甘味同士が呼応しあい一瞬同調したかと思うと、わずかに残るブリの旨味が再び顔を出し、最後は爽やかにキレていきます。

両者は対等というよりも、天美がメインでその世界観の中にブリがゲストとして迎えられるイメージでしょうか。軽快な酒質なのに、存在感の強いブリ相手でもしっかり自分のステージに引き込む力は素晴らしいの一言。

まとめ

というわけで、ほぼ不老泉祭りとなりましたが、いずれにしろポイントは燗です。

今回のように脂が強いアテに対しては高い温度で脂を溶解してくれますし、この手の酒は大体旨味が強いので、脂のコクと同調させやすいのです。

通年で入手しやすい養殖モノはもちろん、冬には天然モノの寒ブリも出回ります。どちらも脂が乗って燗酒とは最高の相性を見せてくれますので、是非ここで紹介したお酒を試してみてください。

 

酒井 辰右衛門

酒井 辰右衛門

J.S.A. SAKE DIPLOMA / 日本酒ペアリング研究家

ミュージシャンとして活動する中で、ひょんなことから日本酒に目覚め、一気に沼へ。 現在は日本酒と料理の相性を様々な角度から探るweb「日本酒ぺありんぐ総合研究所」の主宰として日々飲酒に励んでいます。食中酒としての日本酒の可能性を広げるために、およそ合いそうもないエスニックや洋食、スイーツなどとの相性を探るのがライフワークになっています。初心者向け日本酒セミナーの講師としても活動中。