【焼くだけ!で優勝おつまみ】コンビニおでんアレンジ!大根の明太チーズグラタン

大根の明太チーズグラタン

寒い季節に恋しくなるおでん。コンビニに入って、だしの香りに釣られてついつい買ってしまうという人も多いのではないでしょうか。

本日は、そんな冬グルメの代表格「おでん」を使った日本酒ペアリングレシピをご紹介します。合わせる食材も、コンビニで入手可能。「焼くだけ」の簡単アレンジで、絶品おつまみに変身しますよ。

目次

今回のメニュー:おでん大根の明太チーズグラタン

今回も材料はたったの3つ調味料いらずで誰でも簡単に作れます。

メイン食材は、おでんの王道の「大根」。そのままでももちろん日本酒に合うのですが、コクのあるチーズと明太子を加えて、旨みいっぱいのグラタンに仕上げます。

合わせるお酒は、ふっくら&芳醇系。常温から始めて、燗、最後はだし割りで楽しむなんていうのも乙ですね。

材料(作りやすい量)

材料:おでんの大根、辛子明太子、とろけるスライスチーズ

 

  • ・おでんの大根 2個
  • ・辛子明太子 1パック(65g)
  • ・とろけるスライスチーズ 4枚

調理時間:10分

作り方

❶おでんの大根を横半分に切ってから9等分に切る
(おでんの汁はぜひ取っておいてください)

❶おでんの大根を横半分に切ってから9等分に切る

❷耐熱皿に大根を並べる

❷耐熱皿に大根を並べる

❸辛子明太子の皮を取り除き、ほぐして大根の上にのせる
(皮はあとでつまみましょう)

辛子明太子の皮を取り除き、ほぐして大根の上にのせる

❹とろけるスライスチーズをちぎって辛子明太子の上にのせる

とろけるスライスチーズをちぎって辛子明太子の上にのせる

❺230℃のオーブンで5〜7分焼く
(チーズがとろけて焼き色が付けばOK)
※トースターや魚焼きグリルでも可
※魚焼きグリルでは、中火で2分ほどで焼き色が付きました
※ご家庭の調理器具に合わせて焼き時間を調節してみてください

230℃のオーブンで5〜7分焼く

これだけで完成!

完成写真

とろーりとろけるチーズのコク、ピリッと明太子の辛味、大根からジュワッと染み出すだしの旨味。熱々がたまりません!

こちらのレシピは、自宅で作ったおでんのリメイクにもおすすめです。

大根だけでなく、じゃがいもやたまご、ちくわやはんぺんなどの練り物系も相性がよいので、お好みの具でお試しください。

大根、じゃがいも、たまごで作った明太チーズグラタン

※こちらは大根、じゃがいも、たまご

このおつまみに合わせたいお酒

燦然 特別純米 雄町 原酒 秋あがり

甘くミルキーな香りが、焼きたてのチーズの香りにマッチ。口に含むと芳醇な旨みが一気に広がり、少しの酸味と苦味がやってきて、上品な甘さの余韻が続きます。この複雑な味わいが、旨み爆弾のようなグラタンと絶妙に調和します。

常温で楽しんだあとはぜひで。60℃ほどに温めると酸味が立つので、ここで取っておいた明太子の皮をつまむといいアクセントになります。50℃ほどに冷ますと酸味が落ち着いてやわらかな印象になり、ふくよかな旨みをじっくりと堪能できます。

「燦然 特別純米 雄町 原酒 秋あがり」の燗酒

最後は取っておいたおでんの汁を加えて「だし割り」に。汁を温めて、好みの濃さになるまで少しずつ加えてみてください。〆のお吸い物を飲んでいるような、不思議な感覚になりますよ。

お酒1本で何度もおいしい今回のペアリング。燦然が用意できなくても、芳醇でしっかり旨みのあるタイプのお酒なら合わせやすいかと思います。ゆったり温まりながら、おつまみとお酒の旨みのまじり合いをお楽しみください。

【シリーズ:〇〇するだけ!で優勝おつまみ】

fj(エフジェー)

fj(エフジェー)

おつまみクリエイター

酒処・新潟出身、SAKE Street店舗の近くに住む日本酒愛好家。キッチンドランカー歴約20年。「いかにして家飲みを楽しむか」を日々研究中。ブログやSNSでおつまみレシピや飲んだくれ生活を発信しています。